医療・福祉共育女性活躍企業

社会福祉法人千代田会

毎年恒例の親睦旅行。本年度は「セブ島」へ。

WLB推進で優秀な人材確保

 特別養護老人ホーム・喜久寿苑など、県内で3つの福祉施設を運営する社会福祉法人千代田会。「職員が心穏やかに働くことが、利用者の安全かつ安らぎのある生活につながる」という考えのもと、10年以上前からワークライフバランス(WLB)を追求した柔軟な働き方を推進してきました。
 24時間体制にもかかわらず、有休取得率は約75%。女性だけでなく男性の育児休暇取得実績もあります。「子の看護休暇制度」は病気やけがの看護以外に、学校行事の参加にも利用できます。
 多くの職員が楽しみにしている親睦旅行で、毎年オランダ、ドイツ、グアムなど海外に行くことができるのも、「お互いさまという気持ちで、休みをカバーし合う風土があることが大きい」と、後藤嘉明理事長は語ります。
 介護職員初任者研修や介護福祉士の受験料を全額補助するなど、キャリアアップ助成制度も充実。未経験のパートから始めて、ケアマネジャーの資格を取得し、現在は管理職として活躍する女性職員もいます。
 介護の人材不足が深刻化する中、こうした継続的な働き方改革は、正規職員の平均勤続年数7.6年、非正規職員6.5年という安定した職業継続をもたらし、今年は新卒5人の採用が内定するという好循環を生み出しています。

企業情報

企業名 社会福祉法人千代田会
住所 岐阜市河渡2-45
創業 1978年12月
代表者 理事長 後藤 嘉明
従業員数 83人(男性27人、女性56人)


ウェブ認定申請フォーム

岐阜市内に事業所を有し、定められた基準をクリアした企業を「ぎふし共育・女性活躍企業」として認定します。