金融・保険業共育女性活躍企業

岐阜商工信用組合

任命された窓口マネージャーが、提案検討会を行い改善案を採択。

職員の提案で業務効率化を図る

 女性も管理職候補として育成していくため、2011年から窓口マネージャー職(係長級)を設置。現在は22店舗中20店舗で、女性窓口マネージャーが活躍しています。現在は5人の女性が支店長クラスの管理職になるなど、女性が担う役割の幅が広がっています。男性・女性共に働きやすい環境の整備に向け、育休復帰後は保育園の場所などを考慮して配属先を決定。今後は男性も育休で休めるよう、中途採用などで人材確保を進めています。
 月の平均残業時間は2016年の12.4時間から2018年には8.7時間に減少。1つの要因は、業務効率化のため、2017年に導入した金融機関向け文書管理システム「金文」です。以前は統一化されていなかった書類の管理方法を全社で基準を定め、バーコード管理をしています。「金文」導入により、書類を早く見つけ出すことが可能になったとともに、誤廃棄防止なども実現しました。
 「窓口事務効率化提案」制度も設けており、全職員から事務作業の効率化案を募集。提案検討メンバーに選ばれた女性の窓口マネージャーが毎月の会議で検討し、採用された案には報奨金が支給されています。総務部長の後藤清明さんは、「1つ1つの改善が結果的に会社全体の業績につながっていると思います」と話します。

企業情報

企業名 岐阜商工信用組合
住所 岐阜市美江寺町2-4-3
創業 1953年9月
代表者 理事長 森嶋 篤男
従業員数 293人(男性175人、女性118人)


ウェブ認定申請フォーム

岐阜市内に事業所を有し、定められた基準をクリアした企業を「ぎふし共育・女性活躍企業」として認定します。